<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

喉渇くクリプトナイト

渇きます。
渇きます。
夏に近づくと渇きを抑えきれないです…
d0048632_1245023.jpg
東京砂漠をさまよう、渇いたオトコとは私の事。
小岩井さんのフルーツオ・レ 乳飲料で渇きを抑えるつもりが甘さにやられて、更に烏龍茶 黄金桂入り 103円を更に飲む渇き多きオトコ。
最近、PCに向き合う時間が長い…
職業病なのか、背中が痛い。ランダムさんにそれを言うと、「太ってるからだよ」と、最近、さらさらのロン毛になり、プードル化した、キモ悪ガリガリオヤジなランダムさんに言われた。
過程的には
腰や背中の痛み→膝小僧の痛み→The End らしい。
小岩井さんのフルーツオ・レを飲む→太る→背中の痛み→膝の痛み→The End
なところを烏龍茶を間にかますと…
小岩井さんのフルーツオ・レ→烏龍茶→薄まる小岩井さんのフルーツオ・レ→過程が遅くなる→背中の痛み→膝小僧の痛み→The End
結局、The Endな方程式。
運動すればいいはなしだが、なかなかできない実行できない、意志の弱いオトコ。
理想的な過程としては…
朝6時に起床→ジョギング→シャワー浴びる→フルーティーな朝食→仕事→昼飯→お昼寝→仕事→サイクリング→スポーツジム→消灯
うーん理想的だ。将来はボディビルダーなみの体になり、極真空手を習い、精神と拳を鍛え上げるつもりだ!!そして、世の中の困ってるヒトをたすけるんだ!!
あっ、そうだ。
空を飛ぶ練習もしなきゃなぁ…
早くみたいスーパーマン リターンズ。
何気にスーパーマンTシャツをヤフオクで2000円にて入札中だ。
早く観たいの着たいのスーパーマン!!
でも、期待が外れせぅ…(-.-;)
[PR]
by keijirone | 2006-06-26 12:04 | music

ひさしぶりぃ

d0048632_21133323.jpg
ねぎしぃひさしぶりぃ
先日、久しぶりに新宿ねぎしへ行った。なぷきんやつま楊枝に混ざってあるパンフレットを、注文後の空白の時間を使って見ていたら、新宿にねぎしがビビるくらいある事が判明した。
メトロの出口に一軒あって、別の出口にも一軒あったりと定食に必ずついてくるとろろくらい粘っこく客をゲットしようとたくらんでいるねぎし。
確かな数字は忘れたが、新宿に10軒以上は確実にある。多数店舗で品位を落としている気がする。
「おぉ、ねぎし喰いに新宿いこうぜぃ」なんて絶対いわない。あわよくば、ご近所さんの商店街にあったりする。
「おぉ、とろろすすりに新宿いこうぜぃ」なんていわない。あわよくば、ご近所さんですすれる。
「じゃー、新宿のねぎし前に7時ね」なんて待ち合わせはしない。あわよくば会えるかも、究極、行かない…
新宿にねぎしがありすぎる今、鯨が増えすぎた今、間引かないといけないのではないでしょうかぁ!!
「えーと…
すいません、麦飯おかわりぃー!!
あっ。
あと、お茶も、すいません…」
f-_-;
[PR]
by keijirone | 2006-06-21 21:13 | music

KZの酒をつくる

d0048632_15182062.jpg
梅2キロ
ブランデー
ホワイトリカー
氷砂糖
蜂蜜

計4L

つくってみた梅酒。
ブランデーで作るとうまいと聞いたのでブランデーを二本入れる予定が金銭的な問題でホワイトリカーにも助けてもらった。
梅酒をつくる事の発端はスーパーに買い物に行くと梅酒用の瓶が売られまくってるこの時期。
作らなきゃなんないでしょ!
流行にのんなきゃダメでしょ!!
つうことで梅酒をはぢめてつけてみた。
しかし、梅1キロが¥298と小ぶりで若干熟れてたのが心配だ…。
青い梅に、ちょいと黄色い梅と均一じゃないのが気になる…
うーん、話に聞くところ熟れてるものでもいいが、ちょいと甘くなるという。

今更おそい(>_<)

蜂蜜がんいれしてやった…

今更おそい(+_+)

氷砂糖がんいれしてやった…

(ρ_-)o

d0048632_15182076.jpg


つうことで、きたる3ヵ月後に結果をまとう…

何気に、みんなが飲んでる人気者の氷結くんは“ぼっか”を使ってるみたいだ。なんとなくわかる気がするかも…
[PR]
by keijirone | 2006-06-19 15:18 | music

蒸し暑いぜ!!

d0048632_21173292.jpg
最近の気候はおかしい…
暑いやら寒いやらで今日はトレーナーを着るとこだった。直前になってTシャツに切り替えたのが、正解であった。
今日はむすねぇ~とエレベーターにのってきたおばぁさんがいう。
若い頃はさぞかしもてたろうにと、じいさんの顔を見る。
若い頃はカッコ良かったろうにと、若い頃はナイスカッポゥだなと勝手に決めつけた。
更に、横断歩道を渡りきれないおばはんがいたので、オイラに任せろといい、ぴんと右手を耳裏までひっつけ、天まで届かんばかりに掲げ、車の嵐の後の川ばりの流れを遮り、おばはんと一緒にわたった。
しかし、渡った後、俺との歩幅があわないらしく、後ろの方でおばはんがなんか言っていたが、急いでいたのでしらんぷりして帰ってきてまった…
振り返りもしなかったので、ひょっとしたら、「お兄さんにこの札束あげるよぉ」と札束を振り回していたかもしれない。
ひょっとしたら、片チチ出して俺を餌付けしようとしてたかもしれない。
ひょっとしたら、余計な事すんな!!と悪たれてたかもしれない。

ひょっとしたら…

世の中ひょっとしたらひょっとするかもしれないので、これからはおばはんの歩幅で歩いてみるのもいいかもしれないな。
(ρ_-)o
[PR]
by keijirone | 2006-06-14 21:17 | music